ブロックチェーンシステムの外洋におけるデジタル著作権管理

Web 3.0の新時代を支えるブロックチェーンシステムにおけるデジタル権利の問題を定義することは、デジタルピアツーピア社会を反映しています。

ブロックチェーンシステムの外洋におけるデジタル著作権管理

デジタル著作権管理(DRM)の複雑さを認識するためには、最初に現在のシステムのDRMの難しさを認識し、その後、オープン性、情報の所属、および不変性を誇るブロックチェーンの最新テクノロジーによって提供される難しさ(およびチャンス)を認識する必要があります。信託基金システムにそれ自体を提供する主要な機能のいくつかとして

Web 2.0では、Webコンテンツの開発と流通は仲介者として機能するシステムを使用しており、他の種類の仲介者と同様に、実際に素材の流通の機会から収入を生み出すサービスバージョンを確立し、情報と情報を提供しています。メタデータ。 デジタルWebコンテンツ(フリック、写真、曲など)は便利に複製でき、システムは金融モートを開発し、難しいn層スタイルのパスワードを使用してWebコンテンツにアクセスするためのデバイスを制御します。同意するだけでなく、メータリングを使用します。

時が経つにつれて、それは情報流通のために開発されたWeb2.0の最新技術の影響を受けやすいために実際に利用されてきました。 ブロックチェーンシステムに基づくWeb3.0は、Web 2.0対応システムのシステム機能を基本的に変換することによってこの設計をテストします。これは、Web 3.0のすべての構成要素が分散型(または場合によっては準分散型)の設計主導バージョンに焦点を当てているためです。 (デジタル所有物の)職業の基本的な信条、信託基金(方法によって課される、すなわち合意バージョン)、および所有物(所有物の場合)。

c688855786a897737d801e69ffab9088-ブロックチェーンシステムの外洋におけるデジタル著作権管理-9

Web 3.0の導入により、コンピューターシステムのバージョンが分散化され、基本的なコンピューターシステムのバージョンが変更されます。ストレージスペースと、関与と関与を宣伝するだけでなく、まったく新しい金融システムを実現する動機付けの金融フレームワークでカバーされるアフィリエーションです。フレームワーク。 実際のデジタル主導の市場では、ブロックチェーンを利用したネットワークにより、活気に満ちた市場パートナーシップとコミュニケーションが、体系的かつスマートな手段で確実に反映されます。

関連する NFT、DeFi、およびWeb3.0がどのようにリンクされているか

セクター向けのブロックチェーンネットワークのスタイルを設定すると、興味深いまったく新しいサービスバージョンが発生し、多くの企業が現在のサービスバージョン、競合他社、および市場全体の状況を再評価するようになります。 この共創は、Web 3.0機能の新時代を維持するノード全体で、個人が情報を交換するための可視性と機能を示しています。 これは、情報、Webコンテンツ、およびデジタルネイバーフッドや、ブロックチェーンベースのエコロジーコミュニティに固有のピアツーピア社会を反映するその他のさまざまな価値のあるミームのストレージスペースを示しています。

これらのスタイルと流通の信条により、識別に関する明確な要件なしに、ブロックチェーン上で「デジタル権利」がどのように処理され、相互運用性に関するアクセスと困難が発生するのでしょうか。 ブロックチェーンシステムは基本的に取引システムであり、弾力性とパフォーマンスのために分散型コンピューターシステムによって保護されています。また、手帳(官民の重要なフレームワーク)の構成により、取引システムによって保護されたデジタル所有物の保険金請求構造が提供されます。 DRMは、手帳や所持品のケースを使った独占的なトリックの保管にぴったりとはまりません。 ERC-721およびERC-1155は、非代替トークン(NFT)構造を提供しますが、単独システムを中心とした技術的なセキュリティ手順だけでなく、体系的な支援も提供しません。

  ブロックチェーンプラットフォームは、新しい暗号通貨トークンで国際的な不動産投資への障壁を取り除きます

デジタルジャーナルのデジタル所有物のDRMを再考する

DRMの改訂では、複製や複製が可能なWebコンテンツだけでなく、情報への過去のアクセス可能性を再検討する必要があります。 私たちは、価値、所有、そしてスタイルの義務として宣言するという概念からなることから始める必要があります。 これらのスタイルの必須事項は、レイヤーXNUMXのコンポーネントである可能性があり、これは確かに体系的であるか、レイヤーXNUMXアプリケーションまたは分散型独立企業(DAO)として改善されます。

NFTは、アート、社会、歌、スポーツ活動などの革新的な風景を再発明しましたが、デジタルWebコンテンツの性質とそのような滞在のリスク、およびこのトークン化された描写を暗号化された確認とブロックチェーンによって保証された認識手順は十分ではありません。 つまり、これらは孤立したネットワークに制限されているだけでなく、所有またはケースに対処するだけの確認を追加して、トークン化された描写を再配置するためにブリッジを利用する必要がある場合があるためです。 「権利」を保証するものではありません。

596e9dbf27c5916482978e261a65d417-ブロックチェーンシステムの外洋におけるデジタル著作権管理-11

私たちは、デジタルジャーナルの最新技術と、否定できないケースとしてデジタル権利を扱うシステムに基づいて設計を開始する必要があります。また、トークン化された描写へのアクセスと宣言を行う際のライセンスと承認で構成されます。 これは、NFTトークンとしてIDを作成し、その結果、ライセンスと承認を伴うトークンを利用して、否定できないケースを提供し、アクセスを取得して、トークン化された描写に承認を渡すことで実現できます。 このようなスタイルは確かにマルチトークンデザインで構成され、ケースにサインアップするだけでなく、ライセンスと承認が所有コースまたはメタデータのいずれかであるIDトークンなどにアクセスする必要があります。 NFTは確かに所有物であり、その後は所有物またはライセンスの証拠と承認メタモデルが必要になります。 この設計では、Web 3.0の財務フレームワークを利用して、Webコンテンツを購入、確認、および提供します。

分散型情報資産(DIA)に関する私の重要な知識

この分野を認識するために、私は、サービスのコンポーネントとしてデジタル著作権管理を芸術的に想定することを要求されるとともに、いくつかの衰弱させる市場の問題の解決に集中する独創的なグループに身を沈めるつもりでした。 たくさんの研究の後、私はDIAに出くわし、オラクルで市場情報を提供するという非常に重要な問題の解決に真っ向から取り組んでいる非常に才能のある個人のグループに対処する特権を与えられました。

ほとんどの市場では、市場情報は、ツールのレート(所持、安全性、製品など)および貿易関連情報として指定されます。 この情報は、市場だけでなく、所有コースのボラティリティ、数量、およびオープン、ハイ、リデュース、クローズ、数量(OHLCV)などの取引固有の情報を反映しています。 さらに、注文発行情報(ビッドアスクスプレッド、集約された市場の深さなど)、価格、評価(推奨情報、初期為替レートなどの従来の金銭情報)など、さまざまな付加価値情報で構成されます。等々)。 この市場情報は、使用済みのお金だけでなく、さまざまな経済計量経済学にも貢献しています。

  今週注目すべき上位5つの暗号通貨:BTC、DOT、LUNA、AVAX、EGLD

Web 3.0のテーマ別通信バージョンに合わせるには、この市場情報とさまざまなリソースからの集約情報を、分散型やWeb 3.0の概念だけでなく、タスクやDAOが存在する真のデジタルハンドシェイクに固執する必要があります。 、オンライン描写を実行しながら、デジタルアイテムと同様に相互に通信できます。 私は、分散型スタイルに焦点を当てたオラクルの効果的な使用法の問題の解決と、DRMスタイルのフレームワークに焦点を当てたビジネスへのアクセスに関して、このグループと多くのことを発見しました。

重要なのは、自律的権利トークン(ART)と呼ばれるDIAによってトリガーされるトークンを使用する有料フレームワークであり、集約またはカスタマイズされた市場情報のコレクションへのアクセスを提供しました。 これは基本的に、情報を販売するためのデジタル権利(ARTを使用)だけでなく、追加の市場でのトークンのすべてのメリットで構成されるトークン化されたNFTをさらに可能にする、バランスの取れた隣接するメタバースを可能にする情報機能を生成します。 ARTを転送するだけでなく。 このスタイルでは、NFTを使用して情報の権利を購入、追跡、および課すだけでなく、ライセンスの開発から流通、監視、および金儲けまで、完全に分散化されたライフプロセス管理が可能であることが印象的です。 やるべきことはまだまだありますが、これらのような革新的な概念は、Webコンテンツのトークン化された描写に関するいくつかの非常に複雑な問題を修正するために市場が必要とする独創的な推論を表しています。 TwitterのNFT確認は、追加のすばらしい例です。

ニティン・ガウル はIBMDigital Asset Labsの作成者でありスーパーバイザーでもあり、市場の要件を設計し、インスタンスを利用するだけでなく、ビジネスのブロックチェーンを真実にすることを追求しています。 彼は以前、IBM World Wire、IBM Mobile Payments、Enterprise Mobile Solutionsの主要な最新テクノロジーの警官を務め、IBM Blockchain Labsを設立し、ビジネスのブロックチェーン手法の開発を主導しました。 Gaurはさらに、IBMの著名なデザイナーであり、豊富なライセンスプロファイルを持つIBMマスタークリエーターでもあります。 さらに、彼は、デジタル資産とDeFi金融投資手法を専門とするマルチマネージャーファンドであるPortal AssetManagementの調査およびプロファイルスーパーバイザーとしても働いています。

Binance取引所で暗号通貨を取引するすべてのトレーダーは、短期間で巨額の利益を上げるために、コインの価値が今後上昇することを知りたがっています。
この記事には手順が含まれています 次の「ポンプ」にいつ、どのコインが参加するかを知る方法について。 毎日、コミュニティ Binance用のテレグラムチャネル暗号ポンプ信号 今後の「ポンプ」に関する1〜2の無料信号を公開し、VIPコミュニティの主催者によって正常に完了した成功した「ポンプ」についてレポートします。
これらのトレーディングシグナルは、Telegramチャネル「CryptoPump Signals for Binance」で公開されたコインを購入した後、わずか数時間で5%から45%の利益を得るのに役立ちます。 これらのトレーディングシグナルを使用してすでに利益を上げていますか? そうでない場合は、試してみてください! 暗号通貨の取引で幸運を祈り、Crypto Pump Signals forBinanceチャネルのVIPユーザーと同じ利益を受け取りたいと思います。
ウィリアム・アダムソン/記事の著者

外国為替および暗号通貨市場で豊富な経験を持つトレーダー。 彼の若い年齢にもかかわらず、彼はすでに金融分析と取引の分野の専門家、国際金融センターの専門家として広く知られています。

Binanceでの取引のための暗号ニュースとポンプ信号
コメントを残す